理容と美容の違い

理容と美容の違い

「理容」と「美容」の違いについて、
「理容は男性のヘアカットや髭剃りをすること」で
「美容は女性のヘアカットやパーマをすること」と思っている人が、
特に年配の人を中心に多いようです。

 

理容は江戸時代の「髪結い床」にその発祥があるようですし
美容は「廻り髪結い」にその発祥があるようですから、
当たらずといえども遠からずといえるかもしれません。
かつて女性のヘアカットやパーマをする美容室へは女性だけが出掛けていましたが、
近年は美容室でヘアケアをする若い男性は少なくありません。
理容と美容は、性別や業務内容では明確に区別できなくなってきていると言えるでしょう。

 

しかし理容と美容は「理容師法」と「美容師法」の2つの法律で定められています。
これは法律制定当時の理容と美容には明らかに違いがあったことを示しているもので、
そのことから理容や美容の仕事を行うためにはそれぞれ別な国家資格が必要とされました。

 

両法によれば「理容とは頭髪の刈込や顔そりなどによって容姿を整えること」で、
「美容とは化粧や結髪、パーマネントウェーブなどによって容姿を美しくすること」とされています。
従って国家試験の理容師の実技試験では「カッティング・シェービング(顔面処置)・整髪」、
美容師の実技試験では「カッティング・ワインディング・オールウェーブセッティング」が実施されるのです。
また理容師資格と美容師資格の両方を取得することはできますが、
理容業と美容業を同一店舗で同時に営業することはできません。

 

理容と美容は法的には違った位置づけや運用が行われていますが実態的には、
カミソリを使った髭剃りや顔そりをするかしないか、
といった点以外には明確な違いはないと言えます。